格安航空券の歴史は?

国内の航空券は1994年までは、同じ金額で販売されておりました。
これには航空法の法律があり、同一路線、同一金額が正規料金だったのです。
ところが、1994年に航空法改正があり、届出制で割引券が始まりました。
したがって、航空券の格安が始まって、まだ20年の歴史でしかありません。年齢の高齢者によっては、飛行機での旅行は高嶺の花であったため、格安の料金を知らない人がいてもおかしくないのです。
1996年に幅運賃制度ができて、更に航空会社の競争が生まれました。これは、上限が20000円から10000円の運賃が可能となるもので、日本地図にある空港間の往来が生まれることとなりました。ただし、15000円以下は国土交通省の認可が必要とするものでした。
そうして、2000年に改正航空法で事前の届出により自由に運賃設定ができるようになったのです。
このことで、空の便を廻って新しく航空会社が誕生するキッカケが生まれ、格安航空券をめぐる競争が激化してくることになったのです。