国内で販売されている格安航空券の種類について

国内の格安航空券は、他のビジネスと同じで需要と供給のバランスを考えれば良いのです。
元々飛行機を出発空港から到着空港まで飛ばす燃料代や乗務員は、お客が満席でも人数が少なくても同じだけ費用がかかるものです。安くしてもお客を乗せたほうが良いという考えから出てきたものなのです。
したがって、格安航空券の種類は、このような状況を考えて様々な制度が出来ているのです。
たとえば、大型連休、年末年始、夏休みなどでは、安くしなくても満席となるので探すのが難しく、このシーズンを避けると販売されています。
また、誰でもが乗りたい時間帯ではなく早朝便は安くなります。
レジャー施設も同じことがいえますが、団体で申し込む場合は団体割引きがあります。特殊なものでは、特定の県の所在が証明されれば割引になる制度もあります。回数券で、まとめて購入することで割引になるものもありますし、リピーター割引で一度利用した販売店を利用することで割引になるところもあります。